【SUUMO引越し見積り】

栃木県に引越しするなら

進学や就職、転勤、結婚などをきっかけにして、転居が必要なケースが発生しますね。

初めてだったら、何から始めたらいいのかも分からず呆然とする人もいるかも?
引越しの手配や、住民票の異動、公共料金の手続きなどやるべきことはいろいろあります。

まずやるべきことは、引っ越し費用の見積もりを取るために業者に連絡を取ることです。
見積もり取得のコツや引越し準備などについて説明していきます。

 

栃木県の引越し料金の相場

引っ越し業者なら、手配や段取りについては熟知していますので、分からないことを尋ねれば親切に教えてくれます。
業者によっては、「初めての引越し」的なマニュアルをくれたりしますよ(^^♪
特に初めての方は、ネットで検索もいいですがとりあえず見積もりを依頼し業者に相談することをお勧めします。

栃木県の引越し費用の相場は、距離や荷物の量によって大きく変動します。
・単身の通常月(3月4月以外)の場合
移動距離15km(同一市内、近隣市への引越し)
27,000円~35,000円程度
移動距離50km(栃木県内の引越し)
38,000円~42,000円程度

・家族4人の通常月(3月4月以外)の場合
移動距離15km(同一市内、近隣市への引越し)
68,000円~75,000円程度
移動距離50km(栃木県内の引越し)
85,000円~93,000円程度

 

栃木県の引越しおすすめ業者

・北関東引越センター

説明文

北関東引越センターは、茨城・栃木・群馬の北関東地方での引越しに強みを持っている引越し業者です。北関東から東京都都内や神奈川県などへの引越も価格的にもサービス面でも満足のいく引越しサービスを提供しています。
見積もりもネットだけで完結するので、忙しい方にもおすすめの引越し業者です。

【 北関東引越センターの評判・口コミ 】
・きびきび大事に荷物を運んでくださった。また、見積にはなかった増援部隊も来てくれて速度が上がった。
2階建て戸建て新居側の階段の周りの構造的な問題で2階に一部の家具を上げられなく、泣く泣くレイアウト変更をせざるを得ない状況となったが、レイアウトのいいアドバイスもしてくれてありがたかった。
ダブルサイズベッドマットがバルコニーからの吊り搬入となって3000円アップとなったが、電話見積時にその可能性は伝えていただきたかった。
ただ、元の見積もりが安価であったし、増援がきたりでそれで相殺します。
今まで、20回くらい引っ越ししたが、ベスト3に入る引っ越し屋さんであった。

・電話対応は親切でした。丁寧に運んでいただいて、家電の取り付けや動作チェックまでスムーズに行なってくれました。
それから洗濯機のところに棚を設置していたのですが、それもついでにということで運んでくださいました。
そのサービスでその金額はありがたいです。他社と比べてかなり安かったです。
今度また引っ越す機会があれば、利用したいと思います。
本当にありがとうございました。

 

・日本引越しセンター

説明文

日本引越しセンターは、本社を栃木県河内郡上三川町に置く、栃木県や群馬県・茨木県を中心とする地域密着型の引越し業者です。

単身・家族の引越しから、オフィス移転にも対応する幅広いサービスを提供しています。

【 日本引越しセンターの評判・口コミ 】
った。とくに愛想が良かったわけではないが、引越し屋さんはこれでいいと思います。こちらも荷物を運んでもらう時は私物などプライベートな部分をお見せしなくてはいけないので、ちょっとした緊張もあるし、愛想良くされるより、黙々とやって頂く方が良いと思った。プロでした。

・荷造りが終わっていない姿を見て、段ボール箱とクラフトテープをサービスしてくださいました。新品ではありませんでしたが、十分です。

 

比較するためには一括見積もりサイト

依頼する業者を決めるためには、まずは複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。
価格が一番重要だと思いますが、価格だけでなくダンボールの提供や洗濯機などの家電の設置もしてくれたりするサービス内容も見積書を見て、しっかり確認する必要があります。
過去に依頼したことのある業者でも、時期によって価格が変わることがあったり、サービス内容の変更があったりするため再度見積もりを取った方がいいですね。

複数の業者から見積もりを取るにはやっぱり一括見積もりサイトを利用すると便利です。

複数の業者に見積もりを依頼するのは大変です。
確認するべき項目は、いろいろとあり一社一社にほぼ同じ内容を説明をしなければいけないため、時間も労力も精神も消耗します。
一括見積もりサイトなら、住所などの必要情報を一度入力するだけで済むので便利です。

また、相見積もりを取ることで、価格交渉の強い材料となり大幅な値引きも可能となります。 一括見積もりサイトも数多くありますので、おすすめサイトを紹介します。

おすすめ一括見積もりサイト

SUUMO引越し見積もり

公式サイトはこちら

SUUMO引越し見積もり電話番号入力が
任意
なのでメールのやり取りで完結可能です。
入力簡単!最大50%安くなります!
口コミ情報も豊富に記載されています。
SUUMO引越し見積もりだけの特典を用意
している業者が多数あります。

公式サイトはこちら

引越し侍

公式サイトはこちら

引越比較サイト運営会社利用率ナンバー1!
最短1分で料金相場が分かります。
提携業者は290社以上、最大10社からの
見積もりを取得できます。
料金が最大50%安くなります。

公式サイトはこちら

引越しラクっとNAVI

公式サイトはこちら

引越しラクっとNAVI専任コンシェルジュが
丁寧に見積もり取得を無料サポートします。
電話番号などの個人情報は成約した業者のみ
に渡るため電話連絡は最低限です。
引っ越し料金、最大60%OFF

公式サイトはこちら

LIFULL 引越し

公式サイトはこちら

LIFULL引越し全国130社と提携!
引っ越し料金、最大50%OFF
キャッシュバック10万円などの
キャンペーンもあります。

公式サイトはこちら

一括見積もりを初めて使う人がびっくりするのは、電話がガンガン鳴ることです。
SUUMO引越し見積もりなら、電話番号を入力しないでメールだけでのやり取りで完結できるので一押しですね。

勤めている会社からの転勤命令で引っ越しする場合は、会社指定業者の見積もりとプラス1社の見積もりが必要なんてパターンもあります。
そんな時は引越しラクっとNAVIなら直接業者とやり取りせずに見積もりできますのでおススメです。
たいていの場合は会社指定業者は端から大幅な割引がされているので、会社指定業者に決まってしまいます。
引越しらくっとNAVIなら、断りの連絡も代行してくれるので手間もありません。

一括見積もりサイトの落とし穴

 

説明文

初めて、一括見積もりサイトを利用した人がびっくりするのが電話が次から次へと鳴りやまなくなることです。
酷い場合には、夜中に電話があったというような口コミも見かけたります。

入力は1回でも、家財を現地確認してからの見積もりとなりますので業者の営業さんは依頼した数だけ自宅に来るのでその対応に忙殺され、あまり多いと交渉もなかなか進まなくなります。
見積もりを取得するのは多くても3社か4社くらいにしておいた方が無難です。

引越し業者の選び方

業者から見積もりを取ってから、やっぱり一番の重要な点は価格ですが他の要素も考慮しながら選ぶ必要があります。

エアコンの取り外し・取り付け、不用品の買取、梱包用ダンボールの提供、不用品の買取・処分どのオプションサービスの選択肢が充実していることも選ぶポイントです。
また株式上場している、CMをよく見るなど知名度も選ぶポイントですね。全国に対応する大手引越社は、研修も充実していて家財の破損時の補償などしっかりとケアしています。

おすすめ業者

・サカイ引越センター

説明文

サカイ引越センターは、パンダマークの黄色いトラックの会社です。
作業件数は日本で一番の業者で、年間70万件以上の作業件数を誇ります。
創業は1971年と古く、引っ越し専業の会社で東証一部に上場している企業です。

北海道から沖縄まで、全国に拠点を構えていて、海外対応もしています。

マイスター制度や国際品質規格ISO9001と国際環境規格ISO14001を取得するなど、社員やスタッフの研修に力を入れていて、顧客満足度調査でも上位でサービス品質が高い会社です。

サカイ引越センターは、3回ほど利用したことがあります。仕事は丁寧で、手際も良かったですね。3回のうち1回が、手違いで荷物を搬入する時の補助作業員が来ないことがありました。
結局メインの作業員が1人ですべての荷物を運んで、作業を完了させてました。当然、時間は通常よりもかかっていましたが家具や壁などに傷をつけることなく、キレイな仕事でした。かなり感心しましたね。

サカイ引越センターは、Pontaポイントがつきます。少し前までは2%のポイントがついて1回の引っ越しで飲みに行けるくらいのポイントがもらえました。最近はポイント付与率が下がって0.5%となっているので、あまり美味しくなくなりましたね。

サカイ引越センターに見積もりを依頼する


・アリさんマークの引越社

説明文

アリさんマークの引越社は赤井英和さんがイメージキャラクターをしている、名古屋が発祥の引越し専門会社です。
20年位前までは、作業件数日本一でしたが、現在はサカイ引越センターにその座を譲っています。

下請け業者や日雇い作業員を使わない、完全自社システムを採用しているので、品質の高い作業をしてくれる引っ越し業者です。

荷造りや引っ越しのコツ

 

説明文

転居先の賃貸契約や業者からの見積もりを取ったりしながら、荷造りを進めていく必要があります。
荷造りのコツは、
・不要なものは処分する
・使わないものから梱包する

荷物が少ない方が当然料金も安くなります。
不要なものまで新居に運ぶのは、無駄なスペースとってしまうので転居前に処分するべきですね。
実家からの引越しだと、あまり広い部屋に転居することも少なく、さらに冷蔵庫や洗濯機など家電・家財が増えるため余計なものは極力減らすのがベストです。

坂上忍さんがCM出演しているBuySellは、引っ越しでの不用品の買取査定が依頼できます。


買取プレミアム

 

フィギュアなどのコレクションは、スペースを取ってしまいがちなので処分した方がいいかもしれません。
ホビー系の買取ならこちら


eあきんど らくらく宅配買取【フィギュア・ホビー】

 

荷造りは、衣料・食器・雑貨などの分類別に梱包するのではなく、分類はざっくりとした感じで使わないものから梱包していき、よく使うものは最後に梱包するようにします。
梱包済みのダンボールに梱包した日付を書いておけば、転居先で荷物を開封する時も日付が新しいものから開封していけば、よく使うものから出てくるので通常生活に戻りやすくなります。
引っ越し当日には、大きめのバッグを手元に置いておくべきです。引っ越し作業が終わるテレビのリモコンやトイレットペーパーなどのちょっとしたものが残ってしまうのでそれら運ぶためです。

初めての一人暮らしなら、一人暮らしは思っているより暇な時間があるのでJ:COMがおススメですね。
Wi-Fi付きのインターネットと100以上の専門チャンネルが見られて、月額2,500円からです。


【J:COM(ジェイコム)】

引っ越し作業と一緒にいらなくなった物を買取してくれるというトレファク引越しというサービスもあります。
転居先に搬送する必要のないものを引越し作業と同じタイミングで処分できる便利なサービスです。
引っ越しの直前まで使用できるというメリットもあります。

買取対象品は、家電・家具・アウトドア用品・ホビーなど幅広いので便利で面白いサービスです。

 

栃木県の基礎自治体一覧

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市

河内郡
上三川町
芳賀郡
益子町、茂木町、市貝町、芳賀町
下都賀郡
壬生町、野木町
塩谷郡
塩谷町、高根沢町
那須郡
那須町、那珂川町

 

プロフィール
大学入学のために上京したのを始まりに、就職時の引越しや転勤などで10回ほど引越しました。
個人的な引越しも、会社の転勤命令による引越しも、経験から得た注意点や役立ち情報を発信していきます。

 

リンク集
引越し 見積もり

 

1位
SUUMO引越し見積もり
SUUMO引越し見積もり
2位
引越し侍
引越し侍
3位
引越しラクっとNAVI
引越しラクっとNAVI
4位
LIFULL引越し
LIFULL引越し
© 2021 栃木 引越し rss